おんぼろ車で快適カーライフを目指す

車の運転をする事が増えた事から、快適なカーライフを目指す情報日記です。

車がボロくなってから快適化を進める❔意味はある❔

 私の周りであるある。な話では、新車の頃は大切に乗っているけど、

どこかぶつけたり傷が付いたりすると、車のお手入れ熱が一気に冷めて、

ほったらかしになる話もあります。

 

 

 実際に、私が今乗っている車も、あちこちぶつけたりへこんだりして、

6年くらい過ぎた頃には、けっこう適当になっていました。

 

 少なくても6年くらいまでは、けっこう丁寧に洗車を行ったり

こまめにメンテナンスを行っていました。それからさらに時が流れて、

十数年以上たった今、何故かおんぼろになった車の快適化活動を始めています。

 

 おんぼろ車になってカーメンテナンスに目覚める

 

  古くなって、そろそろ廃車かな?と思う頃になると、

どうせ近い将来、廃車にするから適当でも良い感じになって来ますが、

私の場合、急に長距離運転を行うようになってから、カーメンテナンスに目覚めました。

 

 理由は、古いから、メンテナンスに気を配らないと、

走っている途中で故障してしまうと、レッカー車を頼む必要があるからです。

 

 また、古いので、走行中に

急にどこかのパーツが壊れたり故障してしまうと、怖いからです。

 

 ある程度新しい車の場合、少なくても故障するとは、夢にも思ってなかったりしますが、古い車になると、いつ故障するか分からないので、カーメンテナンスに目覚めた所もあると考えています。

 

 古いし、いつ廃車になっても仕方ない気持ちもありますが、

途中で止まると困るので、カーメンテナンスもしっかり行って行こう。

みたいな所もあります。

 

 おんぼろ車の楽しさは、やりがいがある

 

 最新の新車と比べて、色々と見劣りする所多々ありますが、

その分、色々と手を加えてキレイにして行くやりがいもあります。

 

 錆の部分やキズの部分を補修してちょっとだけ綺麗になったりすると、

達成感もあり楽しい気持ちもあります。また、クルマの補修をする事でキレイになって行くところもおんぼろ車の魅力の1つに感じられます。

 

 新車の方が、そういった事まで考えなくて良い所もありますが、

色々と手を加える楽しさもおんぼろ車の魅力と考えています。

 

 ローテクにハイテク品を

取り付けるミスマッチングな楽しさ

 

 私の乗っている車はLEDの照明はついていません。

ですが、車内に積み込んでいる車載グッズはLED照明が付いている。

みたいに、ローテクな所にハイテクなアイテムが同居する所がなんとなくミスマッチングしていて楽しいと感じる所もあります。

 

 たとえば、車自体はボロイけど、タイヤはエコタイヤで

増設シガーソケットでUSBポートが使用可能になっているとか、

ドライブレコーダーが付いていて、FMトランスミッターも付いている。

みたいに、古い車なのに、何故か新しい装備もついている。みたいなカスタマイズの魅力もあります。

 

 実際に最新のクルマには劣る所も多くありますが、

その分、クルマの性能を知っていたりクセを知っているので、

それに合わせた運転方法を行う楽しさもあります。

 

 商用軽バンでも

4速ATでターボ車なので高速道路も特別走りにくい事も無いです。

 

 以上の感じでホロくなった所は

色々と改修したり快適化して乗るのも、楽しさの1つと考えています。

 

 

エンジンオイル添加剤は、コスパ的にお得❔なのか検証中の話

 エンジンオイル添加剤を入れてまだ一ヶ月も経ってないのに、

そろそろエンジンオイルの交換時期に入りました。エンジンオイルの量や汚れをチェックしましたが、特別汚れている感じも無く、燃費が極端に落ちた感じも無いので、多少規定より多めに走ってみる事にしています。

 

 今回は、ガソリンにクリーニング効果の高い添加剤を入れて走った後から

エンジンオイルの交換を考えています。エンジンオイルの添加剤については、

今の所、特別変わった感も無いです。

 

 以前より、走行コンディションが良い❔

 

 長距離運手になりましたが、

実際に走る距離で一定速度で走る直線コースは、

平地で全体の80パーセント程度になると思います。

 

 なので、極端にエンジンに不可が掛かる走りにもなってないと思います。

高速道路では、80キロ程度で走る必要もありますが、一般道路の直線では、

50キロくらからせいぜい60キロ程度になります。

 

 街中に入ると信号待ちなど増えますが、市街地で5キロくらいのポイントと、

郊外で3キロ程度のポイント以外は、特別込み合う事も少ないので、極端にエンジンに負荷が掛かる所は少ないと思います。

 

 トータルで100キロ程度の道のりになりますが、

オイル添加剤を入れてから、大きく変わった感も少ないです。

 

 コスパについては、結果論になるかな❔と考えています。

故障し難いとか故障するまでの寿命が長いとか、そういった感じなので、

エンジンオイル添加剤の種類で変わるかなと考えています。

 

車内インテリアは、地味にアップデート中

 車内の快適化活動の中で一番、遅れているのは

車内のインテリア関連になっています。車の内装については、

いじる所も限られており特別、車の運転中では、あまり見ない所だからです。

 

 実用的な所では、

ハンドルカバーとかシートくらいになります。

 

 車中泊やくつろぐ場合は、

少しインテリア感が高い方が良いと考えていますが、

中々、お金を掛ける優先度が低い所になります。

 

 個人的に車の中は、どの車も殺風景な雰囲気が強いと考えています。

車の中の雰囲気が好き。といった方もいますが、

私の場合、車の中の雰囲気で緊張する感じがして何か落ち着かない感じです。

 

 ひとまず、灰皿の部分に飾ってみました。

f:id:yamaaku:20210227172823j:plain

 

 運転席の小物収納ケースに、消臭用の木の玉をネットに入れています。

f:id:yamaaku:20210227172835j:plain

 

 おしゃれ感が出た❔と尋ねられると、微妙かも知れませんが、

何も無いよりは、少しおしゃれになったかなと考えています。

 

 ルームミラーやダッシュボートには飾らない。

 

 たまに、車の運転をしていると、ダッシュボートにティッシュやぬいぐるみ、書類、何か色々なミニバッグ、人形など飾っている車もありますが、私の場合、少しでも視界が広く見れる方が良いと考えているので、何も置いていません。

 

 ルームミラーに何か取り付けている方もいますが、

動くモノに注意が傾く所もあるので、そっちも行っていません。

 

 スマホホルダーを

吹き出し口に取り付けましたが、車内に置き忘れになりそうとか、

画面が見難いので、実際に使用する事も殆どないです。

 

 実際に私のクルマの中では、

特別金目になる様な物もない感じです。

 

 100円ショツプのカゴなどのグッズ、

携帯食もスーパーで買ってきた駄菓子などです。

 

 インテリアも豪華なモノより、

チープにおしゃれな感じで考えています。

 

 

 

 

車用クッションで乗り心地が改善した話

 前回、購入したゲルクッションは

クッション性が良く、機能的でした。

 

 ですが、分厚過ぎて座った時の

ドライブポジションの目線が高くなり過ぎた事から撤去して普段は、

助手席、車中泊の時は式布団として使用する事になりました。

 

 運転席側は、ゲルクッションの背当てを使用しており、

長時間運転の疲れを軽減しています。ただ、車の揺れなどダイレクトに

伝わってくるので、やっぱりクッションの必要性を感じで、今度は、薄めの低反発クッションを購入しました。

 

 今回は、極端に座高が高くなり過ぎなかったので、

視点が変わりすぎる事も無く良かったです。

 

 奥に滑り止めの為のスポンジが付いてあり、

それを座席の奥に突っ込む事で固定します。

 

f:id:yamaaku:20210227172743j:plain

 

 座り心地は、低反発クッションで振動など衝撃など緩和します。

私の場合、その上にシートカバーを被せて使用しています。

 

 

f:id:yamaaku:20210227172755j:plain

 

 

 乗り心地では、タイヤ交換をした時と同じくらい良く感じられました。

 

 シートカバーを被せた状態です。

 

f:id:yamaaku:20210227174748j:plain

 

 カバーがメッシュ仕様なのでムレ対策に良い感じです。 

 

 ネットで探したら、次のクッションが同じタイプです。


 

 

 クッション性アップの効果を感じられやすい車では、

軽トラックや商用車の軽バンなどくっしょんを敷くのと敷かないのでは、

違って来ると思います。

 

 最近のクルマに乗ってないので乗り心地の差みたいなのは、

分かりませんが、揺れや振動などダイレクトに伝わりやすい車では、

低反発クッションを敷いた方が疲れや腰痛対策に良いと思います。

 

 価格も1000円ちょっとで乗り心地が

アップする事を考えると、タイヤ交換より安くつく感じです。

 

 

車内に新装備としてミニフックを取り付けてみた

 夜、照明を高い位置に設置した方が全体に光が届きます。

普通の住まいでも間接照明以外は、だいたい部屋の中心付近の

天井に備え付けられています。

 

 今回はホームセンター等で販売されているミニフックを取り付けました。

シールで張り付けるタイプです。あまり重い物を吊り下げる事は難しいですが、

ミニライトなどでは、大丈夫です。

f:id:yamaaku:20210227075355j:plain

 取付け位置は、貨物エリアでは荷物が引っかかる可能性も考慮して、

運転席全部のシートベルトが設置してある上部です。普通に荷物を入れた状態では、

運転席側の頭部まで荷物が来る事は少ないからです。

 

 反対側にも取り付けました。

f:id:yamaaku:20210227075402j:plain

 

 他の使用方法では、車のシガーソケットから電源コードを引っ張ってくる時、

邪魔にならない様にするとか、一時的にコード類など何か小物を引っかける場所に使用する方法も考えています。

 

 実際に照明をつけて使用した場合、貨物室側からでは、

前過ぎる感じもありますが、位置的に邪魔になり難いと思います。

 

 調子に乗って色々な場所に

フックを取り付けてみる事も考えましたが、

普段の使用では、あまり使う事も無いので、必要最小限に留めて置く事にしました。

 

 個人的に車中泊も捨てきれない項目なので、

無駄なようでもプチ改修は継続して行く予定です。

 

 

 

クルマのプチ快適化活動は続く話

 クルマの快適化活動も1月、2月と進み、だいたい完了したかな❔

と、思っていましたが、思っていたより長引いています。

 

 クルマのクリーニング活動も初めは洗車して、ワックスを拭けば完了。

と、思っていましたが、傷や凹み色あせなど気になり、あちこちの補修作業が続いています。

 

 また、車内の装備品も、シートカバー、背当てクッション、

収納ケースや収納カゴの設置、荷室にシート、クッション、ハーフケット、一帖カーペット、アルミシート。

 

メモ用紙や筆記用具、お守り、携帯食や車内の目隠しグッズ、照明類、

書籍、傘、絆創膏、バスタオル、ティッシュ、モバイルバッテリー、ボディバッグ、3wayバッグなど色々な物を積み込んでいます。

 

 快適化活動を続けて来た感想では、

修正する事や追加する事も色々と見つかったり思いつく事もあり終わらない❔

と、感じています。

 

 改修ポイントやアイデアは、

とりあえずノートに書いておく。

 

 月初めでは2月でだいたい完了する予定でしたが、

実際には、細かい改修を始めてからは、色々な所が気になり、

あちこちクリーニングを行ったり、車内に追加のグッズを積み込んだり、

不要な物は撤去したりしています。

 

  この辺りは、これまで知らなかった便利グッズが見つかったり、

整理方法やレイアウトを変えたりすると終わらなくなると思います。

 

 その他では、予算をどこに持っていくか❔

もあり、クルマのパーツや補修、換装、オイル関連、クリーナー、

ワックス、コーティング剤など重視するか?

 

 車内の電子装備品、カーナビ、ドライブレコーダー、空気清浄機、

スピーカー、モニターなど電気カー製品。

 

 車内のマットやシートなどインテリア類。

 

 車中泊など車内で快適に過ごせる寝具、食料品、衣類などもろもろ。

 

 と、色々な方向性があります。

 

 全てを満たす事が出来れば、

普通に新車を買った方が良い気もしますが、限られた予算内で

色々と快適化を進めて行くのも楽しいかなと考えています。

 

 ひとまず色々なアイデアはノートに出来る。

出来ないは別として書いておくと便利です。

 

 クルマの性能アップは、考えてない

 

 今、乗っている車は商用車なので、

クルマそのものをチューニングして乗り心地を快適にする方法や

断熱材や防音性を高める事も改装する事で可能みたいですが、

今の古い車で行うのはクルマの寿命など考えると

無駄になってしまう可能性もあります。

 

 クルマのパーツ類やチューニング、

電子装備品についても今のクルマでは、あまりメリットが

得にくいと考えています。車中泊のクルマで車体性能のチューニングなど、

行っているクルマは見た事が無いので、方向性の違いと思います。

 

 快適化の方向性もけっこうブレてしまう事もありますが、

燃費が良くなる。とか、乗り心地が良くなる。みたいな情報を知ると、

気になってしまうからです。

 

 

クルマのプチ快適化活動は続く話

 クルマの快適化活動も1月、2月と進み、だいたい完了したかな❔

と、思っていましたが、思っていたより長引いています。

 

 クルマのクリーニング活動も初めは洗車して、ワックスを拭けば完了。

と、思っていましたが、傷や凹み色あせなど気になり、あちこちの補修作業が続いています。

 

 また、車内の装備品も、シートカバー、背当てクッション、

収納ケースや収納カゴの設置、荷室にシート、クッション、ハーフケット、一帖カーペット、アルミシート。

 

メモ用紙や筆記用具、お守り、携帯食や車内の目隠しグッズ、照明類、

書籍、傘、絆創膏、バスタオル、ティッシュ、モバイルバッテリー、ボディバッグ、3wayバッグなど色々な物を積み込んでいます。

 

 快適化活動を続けて来た感想では、

修正する事や追加する事も色々と見つかったり思いつく事もあり終わらない❔

と、感じています。

 

 改修ポイントやアイデアは、

とりあえずノートに書いておく。

 

 月初めでは2月でだいたい完了する予定でしたが、

実際には、細かい改修を始めてからは、色々な所が気になり、

あちこちクリーニングを行ったり、車内に追加のグッズを積み込んだり、

不要な物は撤去したりしています。

 

  この辺りは、これまで知らなかった便利グッズが見つかったり、

整理方法やレイアウトを変えたりすると終わらなくなると思います。

 

 その他では、予算をどこに持っていくか❔

もあり、クルマのパーツや補修、換装、オイル関連、クリーナー、

ワックス、コーティング剤など重視するか?

 

 車内の電子装備品、カーナビ、ドライブレコーダー、空気清浄機、

スピーカー、モニターなど電気カー製品。

 

 車内のマットやシートなどインテリア類。

 

 車中泊など車内で快適に過ごせる寝具、食料品、衣類などもろもろ。

 

 と、色々な方向性があります。

 

 全てを満たす事が出来れば、

普通に新車を買った方が良い気もしますが、限られた予算内で

色々と快適化を進めて行くのも楽しいかなと考えています。

 

 ひとまず色々なアイデアはノートに出来る。

出来ないは別として書いておくと便利です。

 

 クルマの性能アップは、考えてない

 

 今、乗っている車は商用車なので、

クルマそのものをチューニングして乗り心地を快適にする方法や

断熱材や防音性を高める事も改装する事で可能みたいですが、

今の古い車で行うのはクルマの寿命など考えると

無駄になってしまう可能性もあります。

 

 クルマのパーツ類やチューニング、

電子装備品についても今のクルマでは、あまりメリットが

得にくいと考えています。車中泊のクルマで車体性能のチューニングなど、

行っているクルマは見た事が無いので、方向性の違いと思います。

 

 快適化の方向性もけっこうブレてしまう事もありますが、

燃費が良くなる。とか、乗り心地が良くなる。みたいな情報を知ると、

気になってしまうからです。